特集 PICK UP

枝幸って読めますか?

枝幸町の地域名

枝幸町は大きく分けて「枝幸(えさし)地区」と「歌登(うたのぼり)地区」があり、各地区の地域には当然『名』が付いております。

INDEX

    枝幸町の地域名もアイヌ語が由来

    枝幸町の地域は約6割がアイヌ語

    地区中心部の地域名は省いておりますが、中心部以外はこのような名が付いております。ちなみに・・

    【枝幸】
    ●現在の読み名:えさし
    ●アイヌ語:エサウシイ、エサウシ(カナ表記):e-sa-us-i(ローマ字表記)
    ●解釈及び由来:突き出した岬の所の名である。

    【歌登】
    ●現在の読み名:うたのぼり
    ●アイヌ語:オタヌプリ(カナ表記):ota-nupuri(ローマ字表記)
    ●解釈及び由来:幌別川川口から1㎞ほど北西にあるオタヌプリという砂山が語源。昔の砦であったところである。
    ※枝幸、歌登とも北海道庁HPアイヌ政策推進局アイヌ政策課アイヌ語地名リスト参照

    ーーーーーーーーーーーーーーーー
    その町を好きになる、興味があるという中に地域名が理由となるケースもあります。ブログなどを見ていても、北海道で一番に好きな地名に「風烈布」と書いていただいたり、他にも風烈布は人気があり「天気予報を見ると思い出す」「かっこいい」「気にはなるが一度も訪れたことがないので行ってみたい」とか書いていただいております。もちろん、枝幸町にお越しの際は、風烈布に限らず枝幸町内をくまなく観ていただきたいと思いますが・・。